選択の自由があることを知るだけで、人生は楽しくなるよ

先日、夫(公一といいます)が久々に少し遠いところ(北千住)に出かけていくのをみました。

帰ってくると「家はいいけどたまに外に出るのも楽しいなあ」と言っています。

そのあと、「家にいてもいいし、外に出てもいい、自由がある状態っていいよね」という話になりました。

「公一さんは基本的には家にいるけど、この家から一歩も出るな!って言われたら、いやだよね。」

「そうだね、それは軟禁ってやつだね」

家にいるのが大好きで、外に出ることが滅多にない夫も、家の外に出るなと言われた瞬間、すごく嫌な気持ちになるのだなと思うと、しみじみ選択の自由って大切だなあと実感します。

あなたは普段何かをするときに、自分で選んで行動をしていますか。

それともやらされている感がどこかにありますか。

だれもあなたが選択をすることを邪魔しません。だけど選択の自由がないように感じてしまうこと、ありますよね。選択の自由を感じられるかどうか。それって人生が楽しくなるかどうかに、とっても大きい影響を与えています。

【この記事を読むといいかもしれない人】
・◯◯しなきゃいけないと思って苦しい人
【この記事を読むとどうなるの?】
・◯◯してもいいし、◯◯しなくてもいいと思えるようになる(場合もある)。
・人生が楽しくなってくる(場合もある)。

“選択の自由があることを知るだけで、人生は楽しくなるよ” の続きを読む

人の心を掴みに行くマーケティングの方法はこれだ!

商売をしていると、多くの人が悩むマーケティング。

でも世の中成功している企業もたくさんありますよね。

あなたも買い物をするときに

「おもわず買ってしまったよ!」

「すごい!この商品いい!てか、この会社大好き!」

っていう気持ちになったことがあると思います。

なんで買ってしまうのか?

なんでその商品やその会社を大好きになってしまうのか?

それは、その商品・サービスというかそれを作っている人が、「人の心を掴みに行くから」ですね!

あるサービスを購入した経緯から学んだこと、最近感じたことを元に、お客さんの目線から「人の心を掴みに行くマーケティング」について考えてまとめました。

【この記事を読むといいかもしれない人】
・商売をやる人、やっている人で、マーケティングに悩んでる人
【この記事を読むとどうなるの?】
・お客さんの心を掴むヒントを得られる

“人の心を掴みに行くマーケティングの方法はこれだ!” の続きを読む

本当に好きな作品をつくるということが、本当にいい作品への近道

最近、作品作りをされているアーティストの方とお話をする機会がありました。

とても印象に残っているのが、

「他人からの評価に影響されすぎずに、自分の世界観を大切にして制作し続けることの難しさ」

という話題でした。

SNSでのいいね!の数、自分の作品が売れるか売れないか、こういった目に見える他人からの評価によって、作風などを変えたほうがいいのではないかと悩んでしまう、とその方はお話ししていました。

その気持ち、すっごくわかるなあ、わかりすぎるなあと思ってお話を聞いていました。

今、私は好きな作品を作って、それをどうやって収入に変えていくか、みたいなことを毎日考えています。

「好きな作品だけ作って食べていけるわけがない。」

「独りよがりな作品をつくっても意味がない。周囲の評価こそが大切だ。」

「世の中はそんなに甘くない。」

たくさんの人にそう言われてきたのに、無視して好きな作品だけ描いています。

それが正しいとか、間違っているとか、そういうことは置いておいて、私はそうすることが好きだからそうしています。

以前の私は周囲の評価ばかりを気にして作品を作っていました。

絵を描くのがただ楽しかった子ども時代から、人の評価ばかりをうかがって、絵を描くことが苦痛に変わっていった高校・大学時代、大人になり今の考えになるまで、制作に向かう姿勢は常に変わってきました。

でも心の底にある、本当に望んでいたことは、「いい作品を描きたい」それだけでした。私の制作の姿勢がどう変わっていったのか、今回は書きたいと思います。ちょっと長い話ですが、興味のある方は読んでくださると嬉しいです。

“本当に好きな作品をつくるということが、本当にいい作品への近道” の続きを読む

ぐっとくるMVその1 Michael Jackson – Beat It

ちょっと疲れたときや、のんびりしたいときに、テレビを見たりネットサーフィンをしたりする人は多いと思います。

私のお気に入りのリラックスタイムは、YouTubeでMV(ミュージックビデオ)を観ることです。

とくに、「これを見ると必ず元気になれる!」という作品がいくつかあります。もうご存知の方も多い有名な作品ばかりですが、「ぐっとくるMVシリーズ」として、愛をもってすこしずつ紹介していきたいと思います。勝手にくっつけた作品の鑑賞ポイントも、あわせて一緒にお楽しみいただければ幸いです。(音楽やアーティストの知識はほとんどございませんので、あらかじめご了承ください。)

第1回目は、言わずと知れた、マイケル・ジャクソンの「ビート・イット」です。

マイケル・ジャクソンは平和主義者だったことで有名ですが、この曲にも暴力を否定し、平和を願うメッセージがこめられています。

ストーリーはご覧の通り、対立するギャングの命をかけた戦いを、マイケルがとめにいくという話で、とてもわかりやすい、いい話ではあるのですが、何度も観ることによって、より魅力が増すのです!

まずは通してご覧ください。

“ぐっとくるMVその1 Michael Jackson – Beat It” の続きを読む

勉強なんかきらいだ!と思っている人のための意識改革

自分で言うのもなんですが、私には勉強を途中で放り出す才能があります!!(放り出す才能っていい響きだと思いませんか)

小5の時、英語が全くわからず、初めて授業で寝ました。

中2の時、やっぱり英語の授業がつまらなくて寝ていました。

高3の時、テストがあまりにもわからなかったので、問題用紙の裏に迷路を描いて遊んでいました。

ですから、「自分勉強苦手でさー」「すぐ飽きちゃうんだよね」という人の気持ちが痛いほどわかります。

そんな私でも、「○○○だったら、勉強頑張れる!」っていうある条件があります。それを3つにまとめてみました。

「勉強なんてやってやんねーぜ!」と言う人が少しでも「自分もできるかも?」と思えるようになったら嬉しいです。


“勉強なんかきらいだ!と思っている人のための意識改革” の続きを読む