本当に好きな作品をつくるということが、本当にいい作品への近道

最近、作品作りをされているアーティストの方とお話をする機会がありました。

とても印象に残っているのが、

「他人からの評価に影響されすぎずに、自分の世界観を大切にして制作し続けることの難しさ」

という話題でした。

SNSでのいいね!の数、自分の作品が売れるか売れないか、こういった目に見える他人からの評価によって、作風などを変えたほうがいいのではないかと悩んでしまう、とその方はお話ししていました。

その気持ち、すっごくわかるなあ、わかりすぎるなあと思ってお話を聞いていました。

今、私は好きな作品を作って、それをどうやって収入に変えていくか、みたいなことを毎日考えています。

「好きな作品だけ作って食べていけるわけがない。」

「独りよがりな作品をつくっても意味がない。周囲の評価こそが大切だ。」

「世の中はそんなに甘くない。」

たくさんの人にそう言われてきたのに、無視して好きな作品だけ描いています。

それが正しいとか、間違っているとか、そういうことは置いておいて、私はそうすることが好きだからそうしています。

以前の私は周囲の評価ばかりを気にして作品を作っていました。

絵を描くのがただ楽しかった子ども時代から、人の評価ばかりをうかがって、絵を描くことが苦痛に変わっていった高校・大学時代、大人になり今の考えになるまで、制作に向かう姿勢は常に変わってきました。

でも心の底にある、本当に望んでいたことは、「いい作品を描きたい」それだけでした。私の制作の姿勢がどう変わっていったのか、今回は書きたいと思います。ちょっと長い話ですが、興味のある方は読んでくださると嬉しいです。

“本当に好きな作品をつくるということが、本当にいい作品への近道” の続きを読む

会話をクリエイティブにしていくぜの巻

きのう、美容院に髪を切ってもらいに行きました。いつも居心地よくさせてくれるお店なので、もう3年くらいお世話になっています。

美容師さんお二人でやっているところなのですが、お二人とも熱闘甲子園を見るのが好きだそうです。私が行った時間にも、ノートパソコンから中継の映像が流れていました。

いま、うちでは高校野球がアツいんですよ〜!と美容師さん。

心に少し緊張が走ります。野球とかぜんぜんわかんないぞどうしよう・・・何を話したらいいのだ。

“会話をクリエイティブにしていくぜの巻” の続きを読む

やってもいいしやらなくてもいい、って思えたら人生イージーモード

ここ数ヶ月、なにかモヤモヤしたものが私の周りをうろついていました。

「そろそろアレについて調べないといけない時期が来ているような気がする・・・」

それを無視できなくなったのは、教員時代の同期の友だちとの飲み会でした。

“やってもいいしやらなくてもいい、って思えたら人生イージーモード” の続きを読む

しいたけ占いを読んでモテる人について考えた

この前、本屋さんをぶらぶらしていたら、平積みになっている雑誌の表紙が目にとまりました。『VOGUE GIRL  しいたけ占い』

最近話題になっているらしい「しいたけ占い」。何となく気になって読み始めました。動物占いや山手線駅占いのように、自分の性格に合わせたしいたけの種類がいろいろあり、「どんこは力強い」とか「スライスは繊細」みたいな性格判断系の占いだと思っていました。ブーム再来かな、と思っていたら、どうやら違う。

しいたけというのは、占い師の方の名前だったのですね。しいたけさんと呼びましょう。しいたけさんは35歳の男性で、星座やその人のもつ「オーラカラー」というもので診断をしているようです。

私は「山羊座」なのでその部分を読んでみると・・・

“しいたけ占いを読んでモテる人について考えた” の続きを読む

中学校の先生をやってみて、本当によかったこと3つ

私は2017年の3月まで、中学校の美術の教員をしていたのですが、ものをつくる仕事を本業にしたい!という気持ちと、環境を変えたい!という気持ちがあったので、勇気を出して退職しました。

中学校の先生は思った以上に大変でした。思い出すと苦しくなるような、ダメ教師体験もたくさんしましたが、いいこともたくさんあって、結果的にはやってよかったな、と思っています。

この記事では、ただただ自分のためだけに「本当によかったな〜」ということを書きます。

でも、もしかして、「いやーこいつばかだな、こいつみたいな後悔をしなくて済むようにしよ!」とか、「大変そうだけどいいこともあるんだなー!」とか、思ってくれる人がいるかもしれない、それならさらにサイコーだ、とも思って書きます。

“中学校の先生をやってみて、本当によかったこと3つ” の続きを読む